FANDOM


20180327200213

左下のメニューがTask Switcher。

Task Switcherは、川本優氏が開発してくださった、Brain向けタスク管理アプリです。

高速かつメモリ使用量の少なさから、コアなファンの多いアプリです。

また、GUIを個人で自由に変更できることや、簡易スクリプト言語を搭載していることなど、かなり特徴的な機能を搭載していることでも知られています。

ダウンロードリンク(最新版ver1.8)

以前のバージョンはここから選択してください。

導入のしかた編集

パソコンでの準備編集

上記のダウンロードリンクからファイルをダウンロードしたら、まずファイルを解凍(展開)します。

その後、初めてBrainを使う方は、まず日本語化用フォントを作成します。(Windows環境が前提です。)

BrainでMSゴシックを使用したければ、「tswbrain」フォルダ内にある「MS UI Gothic.bat」を、メイリオフォントを使用したければ、「Meiryo UI.bat」を、ダブルクリックして実行してください。

コマンドプロンプト(黒いの)が表示されますから、何かキーを押して閉じます。

すると、「tswbrain¥Task Switcher¥fonts」フォルダ内に「jptahoma.ttc」と「entahoma.ttc」のふたつのフォントファイルが生成されます。

これでパソコンでの準備は完了です。

Brainにコピー、起動させる編集

「tswbrain」丸ごとではなく、その中の「Task Switcher」フォルダをBrainの内部ストレージもしくはMicroSDカードにコピーします。

そして、追加アプリ/動画の欄からTask Switcherを起動します。

そうすると、左下に、ページ上に表示してある画像のようなメニューが表示されます。

ただ、このままではよくわからないので、まずは、アイコンの説明をしていきます。

ノートとペンのアイコン編集

Brainに登録してあるアプリの一覧が表示されます。
20180327200221

アプリの一覧を表示させた状態。スタイラスで選択できるぞ。

アプリの登録は、アプリのファイル名(例:OOO.exe)を「AppMain(.exe)」に変更(拡張子は変更しないこと)します。

次に、中身は何も書いてないファイル「index.din」を作成(こっちはちゃんと拡張子を.dinにしてください)して、「AppMain.exe」と同じフォルダに入れます。

そして、SDカードもしくは内部ストレージ直下に「アプリ」フォルダを作成してから、その中に先ほどのフォルダを入れることでできます。

Brainでのアプリの起動方法も参考にしてください。

工具みたいなアイコン編集

20180327200236

各種設定。エクスプローラもここから起動できます。

設定およびファイルエクスプローラとコントロールパネルの呼び出しができます。

項目は上から順番に、

Control Panelコントロールパネルを呼び出します。

InstallerTask Switcherを内部ストレージに保存します。

My Device ファイルエクスプローラを呼び出します。

Power Config 電源管理を行います。

Settings Maneger アプリやシステムの設定を保存します。

System Font Patcher システムフォントを先ほどのフォントで置き換えます。(リセットすると元に戻る)

ウィンドウのアイコン編集

そのまんまウィンドウの表示です。アプリの最小化、終了もできます。

「...」のアイコン編集

20180327200241

Task Switcherの設定。フォントの読み込みフォルダは変更できます。

Task Switcherの設定を行います。

  • フォントの読み込みフォルダの指定
  • ホットキー(ショートカットキー)の指定と指定解除
  • 使用フォントの選択
  • スキンの参照フォルダ
  • その他のタスク管理に関する設定

がここからできます。

アイコンをダブルクリックすると編集

20180327200225

CPUとメモリの使用量をリアルタイムで表示。メモリ使いすぎ。

辞書のパフォーマンスがリアルタイムで表示されます。

これを使えば、メモリの空きをいちいちコントロールパネルから確認する必要が無くなりますね。

また、右のアイコンからは簡易スクリプト言語「Tscript」の読み込みもできます。

元のメニューに戻るときは、再度ダブルクリックすれば戻ることができます。

その他編集

日本語入力機能はなし編集

日本語入力機能の搭載はありません。その代わり、川本優氏は日本語入力アプリJapanese Inputを制作されていますから、そちらを利用するのも良いでしょう。