FANDOM


SQPocketは、Tatsuya Sakamoto氏が2001年に作成した、PocketPC用タスク管理アプリです。

PocketPCはデフォルトでは実行中のタスクを切り替えることができませんが、SQPocketを使用することで、PocketPCでのマルチタスクを実現することができました。

Brainでも同様に、タスクの切り替えに使用することができます。

SQPocketでタスク管理編集

20180428184735

ceOpenerとは意匠の異なる、デスクトップとタスクバーを備えたタスク管理アプリ。デスクトップは複数のページをまたぐこともできる。

導入編集

ダウンロードリンク

ダウンロードした「SQPocket.zip」を解凍し、作成されたフォルダをそのままSDカードかNAND3の「アプリ」フォルダに入れてください。

初回起動時に、右下に小さくSQPocketのアイコンが表示されるので、そこをタップして、メニューを表示させ、「Setup」の「Bar」タブで、

  • out taskbar
  • time
  • frame
  • 3D
  • sidebar

に全てチェックを入れます。右側の「sidebar」の方はお好きなほうをお選びください。

壁紙の設定編集

20180428185002

壁紙の指定はフルパス入力で行う。タイポしないように注意。

第2世代以前は480x320第3世代以降は800x480のサイズで、ビットマップ画像(.bmp)を用意してください。

ビットマップを入れておく場所はどこでもいいのですが、「launcher」タブの「Find Image path」にフルパス入力で場所を指定するので、あまり深い階層に突っ込むと、指定するとき大変です。

記号が入力できない場合は、パソコンなどで「SQ.ini」を編集してください。

ショートカットの追加編集

20180428185113

「S」フォルダ内にショートカットを配置。この作業をパソコンで行わないように。

「SQPocket」フォルダ内に、「S」というフォルダがあるかと思います。

そのフォルダの中に、アプリのショートカットを配置していけば、デスクトップに反映されるというわけです。

このとき、ショートカットの作成をパソコンで行わないようにしてください。ディレクトリの構成や、ショートカットの形式が違うため、エラーが起きてしまいます

必ず、Brainのエクスプローラでショートカットを作成したいアプリをコピーした後、「S」フォルダ内に「Paste Shortcut」でショートカットを貼る方法を採るようにしましょう。

ちなみに、ショートカットの順番は設定で並べ替えることができます。

付帯機能編集

20180428184834

メモリ使用量も監視できる。SQPocket、意外とメモリを食うアプリだったりする。

主な付帯機能としては、
  • 定型文の読み込み(編集可能)
  • メモリ監視
  • カレンダー
  • アラーム
  • Ctrl、Altのエミュレート

・・・等があります。

タスクバーには「A」のマークがありますが、IMEは付属しません・・・

ceOpenerを使用しない場合は、Japanese Inputを併用しましょう。

備考編集

それなりにメモリを消費します。心してください。

また、タスクバーが消えたりすることがあります。動作は若干怪しいので、注意してください。