FANDOM


プロテクトが施され、WindowsCEの各種アプリが起動できなくなって久しいPW-SH4の解説です。

PW-SH4とは編集

Images (2)

電子辞書をいじりたかった2017年度入学生を絶望に陥れた(かもしれない)PW-SH4。でも電子辞書としては良いハードです。

概要編集

発売日編集

2017年1月19日(SHARP公式より)。編集

2017年度入学生がBrainを買う際、2016年モデルのPW-SH3と競合して、結果的に新しい方を買ったらアプリが動かなかったという、よくわからない状態を引き起こした機種です。

いろいろやって遊びたかった人が浮かばれない。

電子辞書としてはすごく良くできていて、デザインも洗練され一新されたホーム画面面積の拡大したキーボードなど、目を見張る部分は多いのですが・・・ いかんせん、CEのアプリは動かない。

ある意味、これが本来の電子辞書なんですけどね。

どうしようもなかった2018年度入学生の方は・・・合掌。

スペック編集

(詳しくは、「第4世代」参照。ただし不明な点が多いです。)

活用の可否 WindowsCE利用不可
CPU ARMV4I?
MPU 不明
RAM 不明
ディスプレイ

5.5型WVGA+カラー液晶

(854x480)

サブタッチパネル なし
ストレージ 不明
その他 このPW-SH4とPW-SB4以降の新機種ではWindowsCEのアプリが軒並み動作しなくなる。(PW-SB5のみ例外)

キーピッチが拡大され、スピーカーはヒンジ部からキーボード脇に移った。

ホーム画面が一新される。

スピーカーの位置の変更については「英語学習に従来より適した配置(SHARP公式ニュースリリースより)、そしてホーム画面の「Brain English」のように、英語学習に関して重点的にサポートしているようです。

また、キー面積は従来比約1.7倍(これまたSHARP公式ニュースリリースより)とのこと。

見た目にはパソコンやPDAのキーボードのようですが、パンタグラフキーではないようです。

PW-SH4の詳細編集

駆動時間と重量編集

駆動時間は約100時間PW-SH3比で30時間の大幅延長です。

そして重量は、なんと290g。9年かかってついに300gを切ったのでした。

コンテンツ編集

170コンテンツを収録。英語学習に関するコンテンツが目立ちます。

・・・というのも、英語関連のコンテンツだけで102コンテンツ収録されています。

もっとも、「リトル・チャロ」とかは1話で1コンテンツ扱いですが。

筐体の各部品編集

無題10-2

見た目には、少し角の取れたデザイン。端子の位置はPW-SH1以降変わらず。

USBのバスパワーに対応し、充電とデータの転送をまとめてこなします。

もっとも、アプリが動かないんじゃそこまで使うかどうかは微妙ですが。

ホストUSB機能もありません。

キーボードはPW-SH3までのゴムむき出しキーを一新し、プラスチック製の広いキーが採用されています。

メイン画面には、PW-SH3で採用された「フレキシブルタッチキー」が引き続き採用されています。

スピーカーはヒンジ部からキーボード脇に移動し、若干大きくなっています。

スタイラスは形状が少し変わり、Ex-Wordシリーズのようなゴルフクラブのような形状のものになりました。

その他編集

2018年現在ではまだ在庫は一定数残っている様子。

現在アップデートファイルを比較して解析する試みがなされていたり、「Windows Embedded Compact CORE」のライセンスシールが貼られていたなどの情報もあります。

お手持ちの方がいらっしゃいましたら、情報提供にご協力いただけるとありがたいです。