FANDOM


WindowsCE環境が使用できるBrain高校生向けモデルとしては最後のモデル、PW-SH3の解説です。

PW-SH3とは編集

概要編集

発売日編集

2016年1月22日(価格.comより)。

2017年度に高校に入学した人は、型落ちで安くなっているという理由で2017年モデルのPW-SH4を買わずにこちらを選択し、結果的に得したという方も多いのではないでしょうか。

安いほうが多機能って、なんか皮肉ですね。

あと2018年度に入学した人は、どんまい

スペック編集

(詳しくは、「第3世代」参照。)
000064547

メニューは前年モデルのPW-SH2から刷新されているものの、ハード自体はほとんど変わらず。特徴的なくさび形のデザインがかっこいい。

活用の可否 WindowsCE利用可
CPU ARMV4I
MPU

Freescale i.MX28

RAM 99784KB(96MBくらい)
ディスプレイ

5.5型WVGA+カラー液晶

(854x480)

サブタッチパネル なし
ストレージ

DSK1 SD Memory Card

DSK5 NAND CD(NAND1)

DSK6 NAND Dic(NAND)

DSK7 NAND Extra(NAND4)

DSK8 NAND System(NAND2)

DSK9 NAND User(NAND3)

その他

高校生向けBrainとしては最後のWindowsCE環境使用可能なモデル。

ヤマハのオーディオチップは非搭載となった。

「フレキシブルタッチキー」採用。液晶パネル拡大。

ヤマハのLSIが無くなったり、キーの光沢仕上げが無くなったりと、若干素朴に。

別にSHARPの経営状態を表しているわけじゃない・・・はず。

また、「液晶画面の面積拡大」を謳ったものの、実際は、増加した54x480のスペースは「フレキシブルタッチキー」用のスペースということで、実質的にはアスペクト比は変わらず。

PW-SH3の詳細編集

駆動時間と重量編集

駆動時間は70時間、重量300グラム。未だ300グラムを切れません。

コンテンツ編集

150のコンテンツ+60の動画コンテンツ+3000の文学作品を収録。

ただコンテンツの数え方がミソで、「リトル・チャロ」とかは一話分で1コンテンツ扱い。そりゃコンテンツも増えます。

その「リトル・チャロ」も、カシオ計算機のEx-Wordシリーズだと動画なのですが、Brainの場合は紙芝居形式

動画が見たけりゃTCPMPFlash使ってくださいってことでしょうか、本末転倒です。

筐体の各部品編集

無題10

端子類は左側に集約。分解するとわかりますが、えらく小さいマザーボードが左側に置かれているだけだったりします。

USBのバスパワーに対応。ファイルのやり取りと充電をまとめてこなします。

ただし、ホストUSBの機能はなし。

端子類は左側に集約されており、すっきりしてます。

キーボードは第3世代ならではの、まんま導電ゴム整形しっぱなしのタイプ。

メイン画面には、Brainシリーズ初となる「フレキシブルタッチキー」を搭載。

ただしコレは、辞書アプリを起動していないと機能しません。

動作速度編集

第2世代となんら変わりなし。ただ、解像度が上がった関係でTCPMPのスコアは若干落ちました。

その他編集

2018年現在はごくわずかな在庫が一部に残るのみ。新品の入手は難しいと言えるでしょう。