FANDOM


522 :名無しさん@Brain:2018/03/23(金) 02:39:18.02 ID:JjrwahZe


初めまして 
PW-SB5でXTBOOKの解像度を最適化する方法はありますか?

 
既出だったらすみません。よろしくお願いします

~2018年3月23日、SHARP BrainのWindowsCEを活用する PART12にて

この何気ない質問が元となり、PW-S*3シリーズ以来実に2年ぶりとなる、「CEアプリの使えるSHARP Brainの新機種」が確認されたのでした

そんな、現在WindowsCEを利用できる機種としては最新機種となる、「PW-SB5」の解説です。

PW-SB5とは編集

000083564

電子辞書としては、電源ボタンの配置が逆になり、ホーム画面が一新された。その他はおおむねPW-SB4を踏襲。

概要編集

発売日編集

2018年1月18日

スペック編集

(詳しくは第4世代参照。)

活用の可否

WindowsCE利用可

CPU ARMV4I
MPU Freescale i.MX28
RAM

99784KB(約96MB)

ディスプレイ

5.5型WVGA+カラー液晶

(854x480)

サブタッチパネル なし
ストレージ

DSK1 SD Memory Card

(SDカード) DSK5 NAND CD (NAND1)

DSK6 NAND Dic(NAND)

DSK7 NAND Extra(NAND4)

DSK8 NAND System(NAND2)

DSK9 NAND User(NAND3)

バッテリー EA-BL39 3.7V 1800mAh
その他 電源ボタンの配置が変更

PW-S*5系で唯一CEアプリが使える

最新の機種であること、ビジネス向けで値段が高いことなどもあり、あまり情報が出回りきっていない機種。

ただし、Brain用のアプリが動くことはスクリーンショットにて確認済みです。

PW-SB5の詳細編集

駆動時間と重量編集

駆動時間120時間、重量270gと、第1世代の頃と比較すると目覚ましいほどの伸び。

コンテンツ編集

100コンテンツを収録。でも公式は「NHKラジオ講座は一ヶ月分でなんとやら」とか言ってます。

ビジネスモデルということで英語を重点的にサポートしたコンテンツの内容になっています。

筐体の各部品編集

無題10-1

ビジネスモデルだからか、プロテクトはなし。そこらへんの目の付け所もシャープです。

USBのバスパワーに対応。

なんでもかんでもMicroにしてあるので、とにかく筐体は薄くて軽いです。

キーボードはPW-S*4系から続投のプラスチックのタイプ。

第3世代までのユーザーからすると余計にキーピッチが増加して見えます。

メイン画面にはPW-S*3から使われている「フレキシブルタッチキー」を搭載。

「液晶画面は5.5型に拡大!」と謳ってはいるものの、実際は液晶画面に「フレキシブルタッチキー」が含まれるので、PW-S*1からずーっと変わりません。

動作速度編集

第3世代から大きくは変わらない印象。動画の再生レートも第3世代のスコアと大差なしです

その他編集

妙に学生向けモデルや生活・教養モデルより値が張るものの、2018年モデルでWindowsCEのアプリが動くのはこのPW-SB5だけとなります。

PW-S*3シリーズもほぼ在庫がない状態ですから、新品のBrainをいじってみたい人はこの機種一択になってしまうかもしれません・・・