FANDOM


キーボード持ち歩くのは大変。スマホのピアノアプリは弾きづらい。

だったら電子辞書で演奏してみるのはどうでしょう?

というわけで、KnaPianoの解説です。

KnaPianoを使って演奏しよう編集

KnaPianoとは編集

20180619133556

キーボードでもタッチ操作でも演奏できます。その他にも各種音色に、録再機能も搭載。

Knatech氏が過去に作成したアプリ

ceOpenerKN MemoPadでお馴染みのKnatech氏が作成した、ピアノ演奏アプリです。

ピアノとは言っても、搭載している音色の種類は豊富で、サックスフルートから矩形波まで用意されています。

音色を変更する際は、タッチパネルもしくはPgUp/PgDnキーで変更できます。

また、演奏に際してはキーボードとタッチパネルの両方が使用できます。

ただ、タッチパネルの方は若干判定がズレているので、若干のコツが必要です。

そのほかの機能としては、演奏の録再機能や、キーの変更などができます。

導入方法編集

ダウンロードリンク

ダウンロードした「knpiano-0.13-arm.zip」を展開し、出てきたフォルダをそのままBrainの「アプリ」フォルダに入れてください。

備考編集

録再機能にはマイクは使われないので、第1世代第2世代でも使用が可能です。