FANDOM


Brainの世代 対応状況
第1世代 使用可能
第2世代 使用可能
第3世代 使用可能
第4世代 PW-SB5のみ使用可能

各種文字コードに対応した高機能メモ帳ツール、jotの解説です。

また、taic氏が作成してくださった日本語版jotの解説も行います。

jotとは編集

20180724153023

メニューバー隠れてますが、スクリーンキーボードでAltキーを押してやれば使えます。

Aquamarine Networks作成のWM、W-ZERO3向けテキストエディタ。

各種文字コードに対応、改行やスペースの表示など、汎用性の高いテキストエディタとなっています。

最新版がリリースされたのは2010年の6月20日と、WindowsCEのアプリとしては比較的新しいアプリで、BrainでWindowsCEのアプリが動くことが発見された当時、まだまだ開発が継続されていました。

オープンソースであり、ライセンスに関しては

本ソフトウェアはEveryone's Wareです。

と明記されており(jot説明書より)、名実ともにフリーウェアです。

機能と使い方編集

20180724153046

エンコードおよび改行コードの指定が可能です。UnicodeやシフトJIS以外にも、EUCやJISなどにも対応しています。

主な機能編集

  • アンドゥ
  • コピー・カット&ペースト
  • 文字コードの変更
  • 改行コードの変更
  • 置換
  • 文字の拡縮
  • gsgetfile.dll対応
  • シフトキーのロック...etc

KN MemoPadのような辞書アプリとの連携機能はありませんが、テキストエディタとしてはかなり高機能な部類に入ります。

また、テキストファイルの関連付け機能があります。

導入方法編集

ダウンロードリンク(オリジナル版)

ダウンロードリンク(日本語版)

導入の難易度や使いやすさも含めて日本語版がおすすめです(本家jotはCABインストール必須)

日本語版はファイルを展開して「アプリ」フォルダに入れるだけです。

備考編集

メニューバーが押せない編集

川本優氏作成のスクリーンキーボードもしくはceOpenerのKeybinderでAltキーを押してやるとメニューを表示できます。