FANDOM


「どう操作する? マウスは無理だ。スタイラスか? ボツだ。誰が望む? すぐなくしそうだ。

 スタイラスはやめとこう。みんなが生まれながらに持つ世界最高のデバイス、指だ!」

~初代iPhoneのプレゼンにて、スティーブ・ジョブズ~

ジョブズおじさんはスタイラスが嫌いらしいね!せっかくだからBrainも指で操作してみよう。

おや、アイコンが小さくて全然押せないじゃないか。でも大丈夫、BrainはiPhoneに化けられるんだ。

そう、iPhoneTodayならね。

(指紋や傷がつくので指での操作はおすすめしませんが。)

iPhoneTodayとは編集

20180326201748

MioPocketの記事から盗んできたかのようなスクショ。ある意味での同じアプリの画面だから当然なのですが。

どう見てもMioPocketです。

本当にお疲れ様でした。

・・・と思いきや、実際はその逆。


MioPocketの中でiPhoneTodayが動いているんですね。

だから、入手したければここからダウンロードしても、MioPocketの中の、MioAutoRun¥Skinsから引っこ抜いてきても、どちらでも構いません。

わざわざ単体で使うメリットがあるのかと思われる方もいるかもしれませんが、

MioPocketが全然インストールできないの。いやんなっちゃう。」

MioPocketのGUIを自分なりにカスタマイズしたいの。」

といったニーズには応えられるかと思います。

この記事では、iPhoneTodayについてざっくり解説していきます。

メニューの表示と設定画面編集

20180326201848

突然Windows色全開のメニュー。ここから設定していきます。

「うをー!いつものメニューバーが無い!」

そう、起動したらもうGUIはiPhone。

一見すると、設定らしきアイコンはあるので、設定画面には行けそうですが、このままではアイコンが編集できず、iPhoneTodayも終了できません。

でも、ちゃんとメニューはあるんです。

ホーム画面を長押ししてください。

画像のようなメニューダイアログが表示されると思います。

「Add Icon」がアイコンの追加、「Options」が設定です。アイコンを長押しすれば、アイコンの編集もできます。

20180326201857

変なところいじるとBrainが落ちるので注意。

「Options」を選択すると、設定画面が開きます。

ここでいろいろ設定できますが、ヘタにいじると辞書が落ちるので、やみくもに設定を変更するのは止めた方がよさそうです。

ちなみにこのiPhoneTodayは、

日本語も使用可能です。

壁紙について編集

20180326212014

壁紙を適用したとたんにカクカクしだす。決して壁紙の内容のせいではない。

壁紙も一応、設定できます。一応。

・・・と云うのも、壁紙を設定すると、iPhoneTodayの動作がかなり遅くなってしまうんです。

ヌルヌルスクロールをとるか、ビジュアルを優先するかは、それぞれの好みによります。

ちなみに、この状態でアプリを起動しても、なんらアプリの動作速度に変化はないので、その点は安心です。

その他編集

アイコンについて編集

アイコンは自作可能ですが、面倒くさければこれまたMioPocketのSkinsフォルダから拾ってくることができます。

複数アプリで同じアイコン用画像を使用することもできます。

画面の向きについて編集

20180326201819

縦画面モード。もはや辞書だったころの面影は無し。

iPhoneTodayは縦画面にも対応しています。ただし、起動したアプリが縦画面に対応していないと、ただ使いづらいだけになってしまいます。

普段は横画面で使用するのが無難です。



さて、ここまで使ってみると、やっぱり指が使いたくなってしまいます・・・

でも、スタイラスって、細かいところ押せるし、絵も描けるし・・・

いいとこもあるんですよっ。

だから私は、iPhonaToday。(違う