FANDOM


Brainにもレジストリ領域はあって、編集すればより便利な使い方が出来ます。

しかし、レジストリ操作は十分な知識を得た上で行わないと、最悪の場合、システムが破壊されます。おっかない。

そんなハイリスク・ハイリターンのレジストリ操作を初心者でも簡単かつ安全に行えるようにしたのが、TillanoSoft制作のSmallTweakです。

SmallTweakとは編集

作者様による解説ページ
20180329203640

厳密にはアプリではなく、コントロールパネル拡張。

ダウンロードリンク

レジストリの設定を簡単かつ安全に変更することが可能な、システムユーティリティツールです。

実際はアプリではなく、コントロールパネル拡張機能です。

(CPLMAIN.cplとだいたい同じ種類)

ですから、使用方法は一般的なアプリとは少しだけ異なっています。

導入と使い方編集

導入編集

上記のリンクよりダウンロードしたファイルを解凍したら、「stweak42j」フォルダの中にある、「stweak.arm.cab」をTestCEでインストールします。

インストールすると、Brainの「Windows」フォルダ内に「stweak.cpl」というファイルが作成されていると思います。

このままコントロールパネルを開けば、SmallTweakは使用できるようになっていますが、これだとリセット後に消えてしまうので、できればSDカードかNAND3にコピーしておきたいところです。

使い方編集

20180329203604

ファイルの関連付けやシステムフォントの変更など、約十種類の設定ができる。

コントロールパネルを開き、「SmallTweak」を選択すれば使用できます。

文字は基本的には日本語で表示されますから、操作については解説はいらないかと思います。

(別に面倒臭いわけじゃないです。)

その他編集

リセット後に有効になる項目について編集

事実上、設定のできない項目となります。予めご了承ください。