FANDOM


残念ながらActiveSyncは認識してくれないBrainですが、もっとアクティブに他の機器と同期を取ることができます。

Nexhawks氏作成のQRCodeMakerなら、スマホをかざすだけで、アドレスやソースファイルを転送できるんです。

QRCodeMakerとは編集

QRCodeMaker | YaViT.JP

ダウンロードリンク(ともにインターネットアーカイブ)

Brainの世代 対応状況
第1世代 使用可能
第2世代 使用可能
第3世代 使用可能
第4世代 PW-SB5のみ使用可能

数多くの便利なBrain用アプリを公開してくださっていたNexhawks氏作成のQRコード生成ツールです。

半角英数字(日本語含む2バイト文字には非対応とのこと)のテキストからQRコードを作成し、そのコードをQRコードリーダーで読み取れば、テキストやアドレスなどのやり取りができるというわけです。

現在、Nexhawks氏Nexhawks Archiveの方には残っていませんが、インターネットアーカイブ(俗に言う、Wayback Machineです)からならまだ入手することは可能です。

使い方編集

導入編集

(詳細はBrainでのアプリの起動方法に詳しいです。)

ダウンロードしたファイルを解凍し、index.dinを追加して、アプリの実行ファイル名を「AppMain.exe」に直したうえで、SDカードかBrain本体メモリの「アプリ」フォルダにコピーしてください。

テキストを記入する編集

20060401160726

起動すると、テキスト入力画面が。(思いっきり日本語入力してますが、日本語は非対応ですから、これで生成すると文字化けして表示されます。)

起動すると、テキスト入力画面が表示されますから、そこに半角英数字の文字列を入力してください。(コピペでも可)

ちなみに画像では日本語を入力しちゃってますが、この状態でも一応QRコードは生成されるものの、読み取る際に日本語などの2バイト文字は文字化けしてしまいます。

日本語は非対応とのことですから、メールアドレスや電話番号、簡単な時刻などの覚え書き、もしくはローマ字で記入するなどして使うのが良いでしょう。
20060401160730

QRコードを自動生成した結果。情報量に応じてQRコードも細かくなっていく。

QRコードの自動生成編集

テキストを記入したら、「Create」を押してください。

すると、QRコードが自動生成されます

文章の量に応じて、QRコードの細かさも変化します。

あとはコードを読み取らせるだけです。

ワイヤレス通信やUSBホスト機能などはないBrainですが、こうした通信手段もあるんですね。