FANDOM


1981年に策定されて以来、各分野で使用されている、世界共通の電子楽器の演奏データ形式、MIDI

今回はそのMIDIをBrainで再生する方法を解説していきます。

(MIDIの作成については、できなくはないものの、作成するまでの作業が若干難しくなるため、今回は見送らせていただきました。)

MIDIとは?編集

Midi-ports

これがMIDI端子。電子ピアノなどの背面に、このような端子が付いているのを、小中学校の頃に見たことがあるのではないでしょうか。

MIDIは、現在普及しているMP3やWAVなどの音声ファイル形式とは大きく異なります。

MP3やWAVは簡単に言うと、録音された音声そのもののデータと説明できます。

それに対してMIDIは、「どの音を鳴らすか」を指定した、演奏方法のデータといったところでしょうか。

そうした理由から、MIDIファイルには次のような特徴があります。大まかなものとしては、

  • プラットフォームにかかわらず再生できる
  • データが非常に小さくて済む
  • (データ自体は)簡単に作成できる

などです。こうした特徴から、カラオケやゲームなどに使用されることもあったりします。

MID-Playを使って再生する編集

Brainの世代 対応状況
第1世代 使用可能
第2世代 使用可能
第3世代 使用可能
第4世代 PW-SB5のみ使用可能

使い方編集

ダウンロードリンク

「HandheldPC ARM 日本語版」が無難ですが、ARM用なら大体どれも動くと思います。

ただし、このアプリだけでは音は鳴らないので、下のほうにある「スキン」と「サウンドフォント」も一緒にダウンロードしてください。

こちらはお好きなものを選んでもらって構いません。(たいして負荷はかからないので、サウンドフォントは「High Quality」にしといた方がいいかもしれません。)

ダウンロードしたアプリ本体とスキン、サウンドフォントは解凍して、全て同じフォルダに入れてください。

ついでにアプリの登録もしておくと便利です。

操作方法ですが、お使いのスキンによって若干変わりますから、ここでは省いておきます。(すぐに分かるようになると思います。)

Mimidiを使って再生する編集

Brainの世代 対応状況
第1世代 使用可能
第2世代 使用可能
第3世代 使用可能
第4世代 PW-SB5のみ使用可能

使い方編集

「WindowsCE2.0 ARM」をダウンロードしてください。

その後ですが、CAB形式ですから、TestCEでCABインストールしてください。

MIDIを再生する際は、画面右上の「Edit」か、ツールバーの「Add」アイコンから新規プレイリストを作成して、MIDIファイルを追加します。

エラーが出て再生できない編集

Mimidiでは、MIDIファイルを再生している途中で別のMIDIファイルを再生しようとすると、エラーが出ることがあります。

この場合、MimidiをceOpenerなどで強制終了してからまた起動しなおすことで復帰できます。

この操作でプレイリストが消えることはほぼないので(絶対に無いかどうかは保障できないので・・・)、安心していいと思います。

ただ、あまりやりすぎるとタスクバーにも表示されなくなることがある(起動しているのにタスクバーに出ない)ので、取り回しには十分注意してください。

BrainGrooveを使って再生する編集

Brainの世代 対応状況
第1世代 使用可能
第2世代 使用可能
第3世代 起動するが使用不可
第4世代 PW-SB5のみ起動するが使用不可

BrainGrooveは、XTBookSelecterでおなじみのNexhawks氏が作成したアプリです。

キータッチ音再生用のスピーカーを使用して音を鳴らすという、一風変わった機構が使われています。

まずはじめに、このアプリは第3世代以降では起動はしても、音は鳴りません

第2世代以前の機種でご利用ください。

使い方編集

ダウンロードリンク(Internet Archive)

ダウンロードしたファイルを解凍すると、「BrainGroove-2.00」フォルダが作成されますから、さらにその中の「BrainGroove-2.00」フォルダを、SDカードなどの「アプリ」フォルダにコピーしてください。

「Load」でMIDIファイル読み込み、「Play/Pause」で再生/一時停止、「Stop」で停止です。

ちなみにこのBrainGrooveは、「ニンテンドー大合奏!バンドブラザーズDX」の楽曲データも再生できます。

その他編集

MIDIファイルの作成はできないの?編集

あの手この手を使えばBrainでできないことはないのですが、あまりにも手順が煩雑なので、この記事では「再生する方法」に絞って紹介させていただきました。