FANDOM


デスクトップ常駐型のキャラクター表示アプリといえば。

パソコンだと「ぱらちゃん」、スマートフォンには「i コンシェル」というものが存在しますが、WindowsCEにもそれに近いアプリが存在します。その名も「ミニッツマスコット」。

ミニッツマスコットとは編集

1529560903370

ミニッツマスコットの使用画面。デフォルトのキャラクターは「耳長メイドのらんぷさん」。

ミニッツマスコット作者様解説ページ

2001年2月9日に初版が公開された、WindowsCE/PocketPC/PocketPostPet向けのパーソナルアプリ。

作者は「JINZO Paint」でもお馴染みの上野智弘氏

起動してキャラクターを選択すると、画面にキャラクターが表示されて、時刻を教えてくれたりするというアプリです。

デスクトップに限らず、他のアプリを起動していても表示されます。

もちろん辞書アプリを起動していても同様です。

またミニッツマスコット用のキャラクターデータは自作が可能で、Brainで動作するアプリだけでも作成ができます。

「自力で作るのはめんどくさい」という場合、結構CE界隈では有名だったアプリということもあり、いくつかのデータが現在もダウンロードできますから、それを収集してみるのもいいかもしれません。

使ってみよう編集

導入する編集

1529560889897

起動すると、まずキャラクター選択ダイアログが表示される。「X」を選択すると、終了せずに「らんぷさん」が表示される。

ダウンロードリンク

作者様ホームページ(キャラクターデータのリンクがあります)

(詳細はBrainでのアプリの起動方法を参照のこと)

ダウンロードした「MMascot-1.4-ARM.zip」解凍し、実行ファイルの名前を「AppMain.exe」にして、同階層に空のファイル「index.din」を作成して入れておきます。

また、キャラクターデータはフォルダごと実行ファイルと同じ階層に入れてください。

追加のキャラクターデータを導入した状態で起動すると、キャラクターデータの選択ダイアログが表示されますから、好きなキャラクターを選んでください。

ちなみに追加のキャラクターデータを導入していない場合、この選択ダイアログは表示されません。

仕様について編集

1529560920724

ミニッツマスコットを起動中に再度ミニッツマスコットを起動すると、オプション画面が表示される。ceOpenerのキーバインドで一発起動できるように設定しておくと便利。

オプションメニューの表示方法が独特で、ミニッツマスコットを起動中に再度ミニッツマスコットを起動することでオプションが表示されます。

この作業はceOpenerのキーバインドで設定しておくといくぶん楽になります。

オプション設定では、

  • キャラクターの表示位置
  • キャラクターの透明度
  • キャラクターの非表示・再表示
  • (ミニッツマスコットのライセンスについて)
  • (終了)

以上のことが設定できます。

1529560943863

メモ帳やリーダーなどで画面をスクロールすると発生する、残像現象。仕様上、仕方のないことだそうな。

また、メモ帳やリーダーなどで画面をスクロールした際、キャラクターの残像が大量に表示されますが、これは作者様の解説によると「ミニッツマスコットの仕様上、仕方のないこと」とのこと。

ミニッツマスコットの使用時に画面をスクロールするときはなるべくPgUp/PgDnキーを使いましょう。

また、TCPMPで動画を再生しているときなどは、オプション設定で非表示にしておくことを推奨します。

その他、キャラクターデータが上手く読み込めないことがあります。

そうした場合は、キャラクターデータ内のテキストデータを再エンコードすると表示できる可能性があります。

キャラクターデータを作ってみよう編集

1529560963323

自作したキャラクターデータの使用例。セリフや挙動も自由に設定できる。

キャラクターデータ作成マニュアル

前述の通り、キャラクターデータは自作が可能で、Brainで動くアプリだけでも作成は可能です。

詳しいことはデータ作成マニュアルを読んでいただければわかるとは思いますが、実際に作成してわかった事項があるので解説しておきます。

画像データについて編集

データ作成マニュアルでは「1,4,16,256,24bitフルカラー色の2bp/bmp画像」とありますが、実際に確認したところ、256色および24bitフルカラーのbmpでは色化けが発生してしまいました。

なお、このとき画像データを書く際にはPocketPaintを、減色作業ではXnview Pocketを使用しています。

16色bmpの場合、PocketPaintで24bitフルカラーで描画してから、Xnview Pocketで減色し、16色bmpにしてからPocketPaintで色ムラを除去して適用したところ、色化けは発生しませんでした(上図の通りです)。

デフォルトのキャラクターデータも16色bmpですから、「フルカラーで描画してXnviewで減色」の流れが安牌といったところでしょうか。

透過色の指定も比較的簡単なので、自作の際は16色がおすすめです。

skin.txtについて編集

文字コードはシフトJISで記述してください。UTF-8だと読み込めません。

Brainで記述する場合は、KN MemoPadを使うと良いでしょう。

また、書式の判定はシビアで、カンマ一つ忘れているだけでも読み込まなくなることがあります。

データが大きくなってくると、デバッグが大変になるので、こまめに起動して確かめるようにしましょう。

フォントについては、なるべくMSゴシックが理想ですが、簡単に変更できるので、あまり気にする必要はないかもしれません。

ただし、ceOpener用にフォントをパッチする際に生成される「Tahoma!」フォントは可変幅バージョンのMSゴシックですから、文字数を増やせます。

セリフがフキダシからはみ出るのが気になるけど、互換性は維持したいという方にはおすすめの設定です。

備考編集

時刻について編集

もとは時計のアプリとして開発されていたということもあり、時刻と密接に連携したアプリです。

システム時刻に同期しているので、時間を変更するとセリフも変わってしまいます。

デバッグには有用ですが、普通に使用する際はしっかりと時刻を合わせておきましょう。

辞書アプリからの起動編集

辞書アプリからも起動できますが、第3世代以降の機種の場合、キーバインドで起動できるようにしていないと身動きが取れなくなってしまいます。

第3世代以降の機種では、ceOpenerのランチャーなどから起動するようにしてください。