FANDOM


「ブレイクアウト」や「アルカノイド」などに代表される、いわゆる「ブロック崩し」

エミュレータを使うことなく、Brainで遊ぶことができます。

ブロック崩しで遊ぼう編集

20180420213030

Battyのスクリーンショット。「狙って崩す」ことを主眼に据えたタイプのブロック崩しだ。

導入方法編集

ダウンロードリンク(ファイル直リンク)

上記リンクより、「batty.zip」をダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを解凍したら、「batty-arm.exe」以外のファイルはすべて消去してしまって構いません。(残しておいてもいいですが、幾分ごちゃつきます)

ここから先の詳しい解説はBrainでのアプリの起動方法も参考にしてください。

まず、「batty-arm.exe」「AppMain.exe」にリネームしてください。

また、別途「AYGSHELL.DLL(アプリケーション拡張用ファイル)」を必要としますから、MioPocketなどからコピーしてきてください。

「index.din」を作成し、フォルダごと「アプリ」フォルダに入れれば完了です。

遊び方編集

20180420213047

「Level」タブは難易度調整。難易度「Impossible」は名前の通りの鬼畜ゲーだ。

カーソルキーもしくはスタイラスで操作できるのですが、カーソルキーの操作は若干変則的で、左右キーはパドルの左右移動なのですが、スピードが遅いです。上下キーだと、幾分素早く左右移動できるのですが、その分操作はしづらいです。(上キーで左、下キーで右。)

結局、パドルの操作はスタイラスでタッチする方が無難だと思います。

また、難易度は「Level」のタブから選択できます。4段階で、難易度順に、

  • Easy(初級)
  • Medium(ノーマル)
  • Hard(上級)
  • Impossible(お察しください)

となっています。また、ツールバーから音声の入・切、ポーズとレジューム、リスタートなどの操作ができます。