FANDOM


Windows付属のゲームの代名詞とも言える、ソリティアとフリーセル。

ソリティアに至ってはWindows3.0から付属しており、Windows3.1から付属するようになったマインスイーパよりも長い期間、Windowsに同梱され続けてきました。(フリーセルはWin32sに動作確認用として付属していたのが始まり)

それらは、WindowsCEにも本来は付属するものの、電子辞書のROMにわざわざ焼く理由もないため、Brainには搭載されていません。

しかし、めでたくMioPocketに同梱されているので、WindowsCEのソリティアとフリーセルを遊ぶことは可能です。

ソリティアで遊ぼう!編集

20180412205243

見た目はただのソリティア。でも、クリアすると大変なことが起きてしまう・・・

ダウンロードリンク(index.din付き)

ダウンロードリンク(MioPocket)

導入編集

どちらからダウンロードしても構いません。

上のリンクは解凍したフォルダを「アプリ」フォルダに入れれば即導入完了ですし、下のリンクはフリーセル含め様々なアプリが含まれています。

遊び方編集

右上の、4つの空いたスペースに1からキングまでのカードを種類ごとに(ハートとかスペードとか)重ねれば勝ちです。

ただし、下の7列に積み上げるカードは、キングからエースへ、数字が大きい順に順番に重ねる必要があります。(Jの上に10は置けるが、3の上に10 は置けない。)また、列には黒と赤のカードを交互に重ねなくてはなりません。

一度に動かせるカードは 1 枚だけではなく、列から列へ、数字の順に積み上げた場札を移動することもできます。

動かせるカードがなくなったら、左上隅の山札をクリックしてカードを引きます。山札がなくなったら、テーブル上に残ったアウトライン(丸いの)をクリックしてもう一度シャッフルします。

カードをホーム セル(右上の4つ)に移動するには、カードをドラッグまたはダブルクリックします。

その他編集

MSの人の遊び心なのでしょうが、クリアするとあることが起きます。初めて見るときはちょっと驚くかも・・・

フリーセルで遊ぼう!編集

20180414112230

もろWindowsのフリーセル。電車で移動してるときなんかにじっくり取り組んでみたいゲーム。

ダウンロードリンク(index.din付き)

ダウンロードリンク(MioPocket)

導入編集

どちらでも構いません。ソリティアと同様です。

遊び方編集

左上には4つのフリーセルがあり、ここにはカードを一時的に置くことができます。

右上には4つのホームセルがあり、ここに4組のカードを順番に重ねていきます。

そして、各列の一番下にあるカードを、次の方法で移動します。

  • 列からフリー セルへに移動します。1つのフリーセルには一度に1枚のカードしか置けません。
  • 列から列に移動します (またはフリーセルから列へ移動します)。 各列には、数字の大きい順に赤のカードと黒のカードを交互に重ねる必要があります。
  • 列からホームセルに移動します。 各セルには、同じマークのカードをエースから順に積み重ねる必要があります。

フリーセルはソリティアの一種ですから、大体のルールは同じです。