FANDOM


稼働開始から40年近くが経過してなお、現在も人気であり続ける名作STG、スペースインベーダー

その人気は海外でも同様らしく、WindowsCEやPocketPC向けのスペースインベーダーがフリーで公開されています。

スペースインベーダーで遊ぼう編集

20180414092557

コモドールの「PET」を彷彿とさせる、黒と緑のモノクロ画面。今やっても十分に楽しめます。

ダウンロードリンク

導入編集

(詳細はBrainでのアプリの起動方法を参照。)

ダウンロードしたファイルを解凍します。

作成されたフォルダの中に「ARM」フォルダがあると思うので、フォルダごとBrainの「アプリ」フォルダにコピーします。

このときに、フォルダの名前をインベーダーゲームだと分かるようにリネームしておくと良いでしょう。

そして、「invaders.exe」の名前を「AppMain.exe」に変更し、中身は空のファイル「index.din」「AppMain.exe」と同じフォルダの中に作成してください。特別なDLLは必要ありません。

操作・ルール編集

20180414092533

UFOの得点は50~300点まででランダムに加点されます。かと言って、UFOが攻撃してくるわけでもありません。とばっちりもいい所です。

Brainのカーソルキー(十字キー)で操作します。

上がミサイル発射、左と右が左右への自機の移動です。

それ以外にはボタンは使用しません。

ルールは単純で、敵弾に接触すると1ミス、自機を失うか、もしくは敵が自機のいる手前側に到達してしまうとゲームオーバーとなります。

(スコアに応じて、たまに自機は追加されます。)

上級テクニックについて編集

もともとアーケードのスペースインベーダーでは、敵のミサイルの当たり判定が2キャラクター分下に設定されていたため、自機と隣接した状態になると自機が被弾しなくなるという、敵の仕様上の弱点があり、これを利用して、被弾するリスクを減らしつつ、時間を稼いでUFOを大量に撃墜することで得点を増やす、いわゆる「名古屋撃ち」というものがありました。

なんとこちらのスペースインベーダーにもその要素は移植されており、しかも「名古屋撃ち」で撃破した敵にはボーナス点が加算されます。(UFOを撃墜した時と同じ加算方式)

普通のやり方に飽きた方にはおすすめ・・・