FANDOM


Brainとは?Q&Aでも書いてある通り、ほとんどのPocketPCやHandheldPC向けアプリは起動できません。しかし、少数ながら動くアプリもあるので、このページではそのやり方を説明します。また、XTBook等容量を圧迫するアプリもあるので、MicroSDカードの使用を推奨します。

※ファイルは「」、フォルダは『』、プログラム名は【】で囲ってあります。

はじめのいっぽ 編集

まず最初に、Brainの[追加アプリ/動画]にアプリを表示させるための下準備をします。

  1. Brainの[アクセサリー]→[パソコン接続]で[本体メモリと接続]or[メモリーカードと接続]を選択し、PCに接続する。
  2. PCに接続するとドライバのインストールが始まるので、しばらく待つ。正常に終了すれば右下に通知もしくは自動再生が表示されます。
  3. リムーバブルディスクとして接続されるので開きます。
  4. 右クリック→新規作成→フォルダーをクリック。『アプリ』というフォルダを作る。

これで下準備は終了。

アプリの追加 編集

基本的には『アプリ』フォルダの中に導入したいアプリの名前のフォルダを作成し、その中に名前をAppMain.exeにしたアプリ本体とダミーファイルのindex.dinを保存するだけでOKです。

index.dinの作り方編集

  1. PCでメモ帳を開く
  2. 何も書き込まずにindexと名前を付けて保存
  3. 拡張子を[.txt]から[.din]に変更

稀にSDカードのルートディレクトリに入れなきゃ動かないアプリがあったりするので注意。

最初にはBrain用のタスク管理アプリを入れるのがオススメです

TestCE(NexHawks氏作成) 

CeOpener(Knatech氏&Grain氏作成) 

TaskSwicher(川本 優氏作成) ダウンロード

Selector(NexHawks氏作成) ダウンロード ダウンロード(第三世代用パッチ)

有志による解説動画  

【解説動画】電子辞書SHARP BrainのWindows CEを活用する 基本編①-006:01

【解説動画】電子辞書SHARP BrainのWindows CEを活用する 基本編①-0

Brain アプリ起動の原理01:25

Brain アプリ起動の原理







また、最近はダミーDLL等の登場で動くアプリの数が増えてきています。  もし動いたアプリがあれば 動作/不動作報告スレにて報告して下さると助かります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki